【必読】公開済ページのパーマリンク変更後にすべき対処まとめ

雑記

公開後にパーマリンクを変更したいと思うことがあります。

「謎の文字の羅列になっていた」

「日本語文字が入っているのを直したい」

でも、すぐにURL変更するのは待ってください

この記事では60記事公開後にパーマリンク変更した当ブログを例に、

知っておくべきリスクや、変更後にすべき対応をまとめて紹介します。

この記事でわかること
  • 【必読】パーマリンク変更のリスク
  • パーマリンクを変更した理由
  • 変更後にすべきことは2つ
  • 変更から3か月の現状

【この記事を書いた人】

  • 2021年10月ブログ開始。記事執筆数100本以上。
  • サラリーマン。時々、ブロガー活動。
  • パーマリンク変更から3か月間ドメインパワー0→5.5まで上昇中。
  • Twitter:@Beyond-s16

【変更前に】パーマリンク変更のリスク

パーマリンクの変更は、SEO(検索エンジン最適化)に良くない影響が出ます。

なぜなら、「変更前のURLにアクセスできなくなり、サイトとしての信頼性が落ちる」から。

実例として、当ブログのドメインパワーと検索数を紹介します。

ドメインパワーが2.7から0.0へ

ドメインパワーのチェックに使ったのは「アクセスSEO対策ツールズ(https://www.ispr.net/)」。

パーマリンク変更前の最高は2.7、変更から2週間ほどで0.0へ。

3か月以上経った現在も0.0のままです。

0.0に落ちた理由として考えられるのは、ドメインパワーには被リンク数が影響するから。

被リンク獲得できていたURLが無効になったことで、一気に落ちたと考えています。

検索数は激減

検索数はパーマリンク変更の2週間後ごろから、どんどん減少します。

サーチコンソールで見ると顕著ですが、パーマリンク変更から年末にかけて徐々に減少。

そして、地に伏せる日々が続きます。

パーマリンク変更は大きなリスク

上で紹介したように、パーマリンク変更はSEOの観点で大きなリスクを伴います。

「ブログの流入の多くがSNS」という場合には、影響は小さいかもしれません。

しかし、内部のリンク切れ修正など、作業が増えるので注意した方が良いと思います。

パーマリンク変更で起こるリスク
  • SEOに登録された記事がリンク切れになる。
  • SEOから「信頼性の低いページ」と認識される。
  • 検索流入が減る。

それでも変えた理由→管理しきれなくなったから

ここまで挙げたリスクを理解の上で、当ブログがパーマリンクを変更した理由は

記事の管理に限界を感じたから。

元々は数字ベースのパーマリンクを設定していましたが、

何の記事か分からず、リンク設定などに時間がかかっていました。

変更時点で60記事以上を公開していたので、変更後の対応作業が多く

現在も続けています。

リスクをとってパーマリンク変更した理由
  • 記事数が増えると、管理ができなくなる。
  • パーマリンクがキーワードの方が、SEO的に評価が高い。(という意見も)

ここからは、変更後の対応作業について紹介していきたいと思います。

対応①:リダイレクトを入れる

パーマリンク変更後に最も大切なことは、「旧URLから新URLへリダイレクト」を入れることです。

リダイレクトとは、アクセスしてくれた人を新URLへ自動的に案内すること。

旧URLをブックマークしてくれているユーザも、リダイレクトによって新URLのページへ移動します。

プラグイン「Redirection」がシンプルで使いやすい

この設定をしておかないと「404エラー」が発生します。

404エラーとは、「そのURLが既に存在しない=削除されたページ」にアクセスしようとすると表示されるエラーです。

ブログに404のページが存在すると、SEOから「信頼性の低いページ」と見なされて評価が下がります。

新URLをサーチコンソールに登録

旧URLが既にSEO登録されていますが、新URLの方もサーチコンソールに登録していきます。

理由は、リダイレクトよりも「ページ表示速度」が速いから。

ユーザビリティを上げるためにも、ページ表示速度を速くしておきましょう。

クロールの多いページにリンク入れる

新URLが早くSEOに認識されるように、クロールの多いページに内部リンクを入れるようにしています。

膨大な情報が毎日更新されるweb世界では、ページ数に対してSEOのクロールがどうしても遅く感じられます。

これらを避ける方法として、「既にGoogleに登録されているページ」から内部リンクを作ります。

登録されているページを更新することで、新URLの存在をSEO側に知らせるのが、この方法のミソです。

まとめ:変える前にもう一度考えて

パーマリンク変更は、大きなリスクを伴います。

それでも、この記事を読んでいるあなたは、「パーマリンクを変更する必要」に駆られているのではないでしょうか。

経験談として伝えられるのは、次の3点です。

  • 検索流入の減少や、ドメインパワーの低下は覚悟する。
  • リダイレクト設定はコツコツと。
  • 定期的にすべての記事を見返して、リンク切れを早期発見。

適切に対処すれば、SEOへの影響は小さくすることができます。

長いブログ生活、挫けずに書き続けていきましょう。

今日は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました